子どもたちの学力を伸ばすと一言で言いましても勉学に対して意欲のある子どもとそうでない子どもたちのサポート体制は異なることを周囲の大人たちは認識することが求められるでしょう。

まだ勉学に対しての意欲に目覚めていない子どもたちに大量の宿題や課題を与え過ぎることは、本人たちの勉強嫌いや理解への混乱を招いてしまう可能性があるからです。

元もとやる気がある子どもたちであれば、多少の宿題や課題などで多少の負荷を与えてしまっても自力で乗り越えようとするか、もしくは効率よく周囲の大人たちに自身の抱え込んでいる学習への問題点を相談できるような術を身に付けていけることが大半なのですが、

もともと学習への基礎理解が乏しい子どもたちに急激に宿題や課題を与えてしまうと、どのように目の前の課題をクリアして良いのかパニックになってしまったり、実際に学習の基礎の部分でつまずいているにも関わらず、正しい理解や認識を行う前に大量の宿題や課題をこなそうと間違った認識をもったまま誤まった学習方法を繰り返してしまう子どもたちがいるようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。