さまざまなタイプの学習塾にも家庭教師にも言えることでもありますが、お子さまの学力を伸ばすためのサポートであることにいは違いありませんので、お子さまと講師陣の相性なるものをきちんと把握しておくことは大切なのではないでしょうか。

一度入塾を試みたり、家庭教師を依頼してしまうと、なかなか講師と子どもたちの相性を理由にはお断りしずらいということが現状であるとは思われますが、何事にもお試し期間なるトライアル期間があるはずですので、そのようなシステムを利用しつつお子さまの反応を確かめることが重要です。

また、入塾したり家庭教師を依頼したにも関わらず、お子さまの成績や学力に伸び悩みをお感じになりましたら、きちんと講師とのコミュニケーションの機会をもうけ今後の対策を確認することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です