何よりも、重要という風に言えるのは、子供だけではなく保護者も自分自身の子供が合格できるという風に最後まで信じることができるメンタルサポートやケアを受ける機会や場所がある、ということなわけです。特に、受験を知らない人にとってはメンタルのサポートの重要性を認識してない人も多いわけですが、中学受験を迎える小学生などは受験が近づけば近づくほど自分自身がやってきたことが正しかったかどうかということについて、不安に思うことは多いわけですから、このような際に自分自身の勉強を正当化してくれるような存在が近くにいてくれればいてくれるほど努力することができるということは、間違いなく言えるかもしれません。重要なのは、このような場合に保護者も一緒に話を聞くなどして子供がどのような悩みを抱えていたのかということが、明確に分かるという風に持っていくことが重要であると考えられるわけです。そして、  進学塾などによっては塾の講師と自分自身が通う子供の相性があまり良くないために、険悪なムードのまま授業を行うためほとんど授業の内容が頭に入ってこなかったなどというようなケースもあるというふうに聞いたことがあるような気がします。このような場合などには、ほとんど子どもと塾との間でコンタクトが取れていない場合が多いために、受験はおろか普段の学習指導すらしてもらえてないというような場合もある、というふうに聞いたことがあるわけですが、残念なことながら、このようなことに気づくのが保護者が遅れてしまった場合などには、受験直前であれば受験を諦めなければならないというようなケースにすらなりかねない、ということを覚えておかなければならない、という風に言えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です