塾を選択する時、色々な基準でお考えになることでしょう。どうしても迷ってしまい、一つに絞ることが出来なければ、最終的に大手を選択するのが無難です。しかし、大手だからといって完璧なわけではありません。確かに合格実績だけを見ると、大手が群を抜いているのは確かです。大手のカリキュラム、講師の質、教材、各種システムは、頼りにすることが出来ます。それでも、全ての子どもに合っているとは限らないのです。大手の場合、沢山の校舎が存在します。その結果、実績を積んでいる校舎もあれば、低迷している校舎も見られます。校舎ごとの実績までは、外部の人間は知ることが出来ませんから、どうしても当たり外れが生じてしまうのです。因みに「当たり」の校舎の特徴としては、幹部の顔ぶれが長年変わらないことが挙げられます。
大手のデメリットとしては他に、アルバイト講師が多いことが挙げられます。生徒の人数が多いことから、講師の数を確保するべく、コンスタントにアルバイトを雇うのです。もちろんアルバイトの中にも優秀な講師は存在しますし、社員の講師にも能力の無い人はいますが、学生アルバイトに子どもの将来を任せる気になるでしょうか。もしそのような講師が担当することになれば、大手のカリキュラムに対する信頼だけが、その塾を選択する動機になってしまいます。入塾の際、体験授業が設けられていることもありますが、体験授業の講師は大抵ベテランの講師が担います。その時は満足できても、入塾後は別の講師が担当することになり、後悔する可能性は捨てきれません。また、優秀な講師に巡り合ったとしても、その講師が他社に引き抜かれる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です