受験学年ともなると、ほとんど毎日塾に通うことになります。通塾時間が短ければそのぶん有効にその時間を使えます。歩いていける距離の塾や自転車で通う塾、電車やバスで通う塾があります。やはり子供が自分だけで通える通いやすい塾がいいです。しかし、近すぎると、気分の切り替えをするのが難しいという人も多いようです。ちかすぎる、学校の友達が多すぎる塾も考え物です。集中して勉強に取り組める塾がいい塾です。子どもにとって塾は、日常の生活から気合を入れて勉強するぞと意識を変えて通うところなのでよくその場所も検討すべきです。塾の中身、運営方針もかならず確認して塾を慎重に選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です