半世紀前には学習塾に通うような子供は少なかったです。それでもまったく問題がありませんでした。それが30年前くらいから大変な様変わりです。100%こぞって学習塾に通っているわけでありませんが、塾に通わない子供の方が少数派となっています。

どうしてこのような状態になったのでしょうか。それには大きな理由が隠されていました。キーワードは受験です。中学入試や高校入試にしろ、最終的には大学入試にしろ、もはや塾なしでは受験は考えられません。

それは年々試験問題が難しくなっているからです。それならば学校でそれを教えればよいではないかという人がいますが、それは間違っています。学校で教えてくれるのは基礎の部分だけです。受験対策をしてくれるのはやはり学習塾ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。