中学生を教えてる塾での教科の選び方は、自分の苦手な科目を選ぶのもいいですが、塾によっては必須科目になっているところも多いです。数学と英語のコースや、数学や英語、国語のコースなどありますので、あらかじめ確認をしておくことが必要です。高校受験では英語は必須科目となってますので、英語と自分が理数系か文系のどちらかに進むことになりますので、高校受験対策で教科を選ぶのがいいです。
有名な高校を受験を目指していたり、苦手科目によって偏差値も下がってしまっているのなら苦手科目を克服することも大切です。

家計の面で塾に通わせることが難しい時や中学生での部活で忙しい時は、必須科目のない塾か融通が利く個別指導塾で、理科と社会のみ受講することをおすすめします。

家計に余裕があるのなら、5教科もしくは数学・英語・理科・社会の4教科を受講するのがいいです。

苦手科目は克服し、得意科目は今以上に伸ばすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。