現代社会で求められる人材は、以前までのように年功序列で優先されるのでなく、個人の能力が重視されるようになりました。もっと言うと高い能力だけでなく、それを活かす精神面においても強くあることが要求されているのです。このことから分かるのは、日本では自分のことは自分でなんとかする、という風潮が高まっているということです。このような時勢では、常に学習に興味を持ち続け向上心を持つことが必要となっています。努力して社会人になったとしても、仕事のための能力や技術を向上させようとしなければ、満足度の高い生活をすることは難しいのです。

社会人になってから、いきなり学習に対する興味や向上心を持てと言われてもそれはなかなか難しいことです。なぜなら、大人になる頃にはある程度学習に対する心持ち、あるいは苦手意識ができてしまっていますし、何より大人になってから学ぶ事柄は、基礎知識が身についていないと理解しにくいからです。そのため、大人になって学習を継続するためには、義務教育課程で習う基礎・基本が必要となるのです。つまり、人生の基礎は、義務教育課程中に身につけるのが重要だということです。

しかし、身につけるとは言ってもどのようにすればよいのか?学校だけではいけないのか?ということを考えると思います。2010年代初期まで実施されていたゆとり教育の終了により、義務教育課程の学校での授業は、それまでに比べて向上したと言っていいでしょう。しかしながら、義務教育課程での学校には、学習能力にばらつきのある生徒たちが特に区別されることなく集められています。もちろん、これは悪いことではないのですが、定められたカリキュラムが存在する以上、授業の進行を早めたり遅めたりすることは難しいため、学習能力の高い子供には物足りないものに、逆に勉強が苦手な子供は理解しきれないままに、なってしまうことが多いのです。そこで、塾を上手に利用することが大切になってきます

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です