塾や家庭教師を選ぶにあたり重要ことの一つに、この人となら大丈夫と思えるような講師がいるかどうかです。実はこれはとても大事なことなのです。

指導の上手さなど理由は人それそれで、生徒に選ばれる講師のほとんどが熱意と個性の持ち主のはずです。

経験も浅くまたはアルバイト講師でも、熱意と個性があれば子どもを伸ばすことは可能なのです。

集団授業の場合、できる生徒に合わせられてしまいます。

それは成績の低い生徒に合わせ授業を行なうと、授業のレベルや進度も遅くなり、できる生徒がやめてしまうこともあり、また全体のレベルができない生徒の方へ傾いてしまうからです。

そのことでトップの生徒がやめるよりは、授業についていけない生徒が塾をやめても仕方ない、それはもちろん塾の合格実績をあげるためです。

そうなると、多くの塾の集団授業では成績の上の生徒に合わさざるを得ないのが現状なのです。

しかし、本来はできない生徒の指導に力を入れる講師こそ、指導力を持つ講師ではないでしょうか。

できる生徒はどのような授業でも理解し、予習・復習そして宿題も完璧で解からないところは質問にも来ます。

一方、でできない生徒またはやる気のない生徒はというと、できる生徒の逆の傾向が見受けられます。

そのような生徒の成績を上げるにはかなりの労力を必要とされるのです。

家庭学習や勉強の仕方を指導しながら、本人が努力できるようにやる気や自信をもたせる為に、あれこれと工夫をしなければなりません。

後者を自ら引受ける講師は多くはないですね。

より多くの合格者を一人でも多く出すのがその講師の価値とされる世界です。

それでも教育者のプライドとして、授業についていけない生徒を引っ張ってくれる講師に出会えることを期待したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です