愛し愛される関係

幸せな結婚をしていく人は、 相手のいいところを積極的に見るようにして、お付き合いを進めているようです。自分が完壁ではないからこそ相手にも完壁を求めず、交際中に気になる点が出てきたと しても、自分を傷つけることでないのなら受け入れる気持ちを持っています。相手のいい点を好意的に見てあげて、できない点、足りない点については見て見ぬ振りをしてあげるのです。だからこそ、結婚した後も相手から大事にされ、ありのままの自分で毎日を過ごし、愛し愛される関係を大切に育んでいっています。
「幸せな結婚」をするために、 あなたに知っておいてほしいこと。反対に、なかなかうまくいかない人は共通して、相手の悪いところばかりを見つけては「自分とは合わない」と言って関係を切ってしまっています。目の前にチャンスがやってきていてもそれを活かさず、うまくいかない原因は自分じゃなく相手にあると考え、相手のこういう行動が気に入らない、こういう言動が気に入らないと文句を言つては「いい人っていないですよねー」とため息をつく。そうです。なかなかうまくいかない人は、女性自身が「いい人」になっていないのです。「いい人じゃない人」のところに「いい人」が来ないのは、自然なこと。私も離婚を経験して「結婚は、相手をいかに許容し、相手に対してどれだけやさしさを提供できるかが大切」ということを学びました。自分中心では結婚生活は成り立ちません。「幸せな結婚」をするには、まず、あなたが変わることが必要なのです。